メタルフリーで体に優しい 金属アレルギーが不安な方のための インプラント治療ナビ » インプラントと金属アレルギーの関係 » インプラントでアレルギー症状が起こる理由

インプラントでアレルギー症状が起こる理由

インプラントで金属アレルギーがおこる理由や金属アレルギーが起こる仕組み、インプラントの治療で使用されることの多い金属などについて解説します。

インプラントのチタンによって歯科金属アレルギーの症状が現れる

歯科金属アレルギーの原因は、銀歯によるものがメインなのですが、実はこの他にもアレルゲンとなり得る金属があります。それがインプラントのチタンです。

インプラント治療に使用されているチタンは、人体にとって害の少ない金属なので、皮膚炎や肌が荒れるといったアレルギー症状は出にくいのですが、稀に症状が現れるかたもいます。

このインプラント治療で使用するものは、チタンのみで構成される純チタンが多いのですが、中には合金である場合も…。このような場合は、より金属アレルギー症状に気を付ける必要があります。

 チタンは、耐蝕性に優れ、生体親和性が高く、アレルギーを起こしにくい金属として、日用品から医療材料に至るまで幅広く使われている。歯科においてもチタンはインプラント体や顎再建用プレート、 矯正装置などに用いられており、現在では治療用金属としてなくてはならない材料である。一方で、歯科インプラントによる皮膚炎や粘膜炎の報告だけでなく、インプラント体の脱落やオッセオインテグ レーションの獲得不良を訴える患者の中にチタンアレルギーを示す例が報告されるようになってきた。

引用元:(PDF)日本口腔検査学会雑誌より/インプラント術前検査としてのチタンアレルギー検査の意義(日本口腔検査学会雑誌より:インプラント術前検査としてのチタンアレルギー検査の意義(PDF)

アレルギー症状が起こるのは稀ですが、人の体質は千差万別。複数のアレルギー疾患を持つ方、金属アレルギーの方は、インプラント治療を行う際はより慎重に行う必要があります。アレルギー疾患を持たない方に比べ、アレルギー反応のリスクが高いと考えましょう。

また、最近では生活用品にチタンが多く使われるようになり、感作の機会 も増えています。これまでは平気であった場合でも、インプラント埋入後にアレルギー症状を発症してしまう可能性も充分考えられます。このようなトラブルを防ぐためには、インプラント治療を行う前に金属アレルギーなどのパッチテストを行うことが大切です。

金属アレルギーのリスクの表はコチラ

また、最近では金属アレルギーの心配がない素材を使ったインプラント治療が注目を集めています。次のページでジルコニアについて詳しく解説しているので、ご一読ください。

そもそも金属アレルギーの原因とは?

金属アレルギーは、金属が原因になって引き起こされるアレルギーです。一般的に金属アレルギーというと、金属のピアスやネックレスなどをつけたときに起こる、皮膚のかゆみやかぶれを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、金属自体がアレルギーの直接の原因となって、かゆみなどを引き起こしているわけではありません。

金属アレルギーは、汗や唾液に触れた金属から溶け出した金属イオンが、体のたんぱく質と結合し、アレルギーの原因になる物質(アレルゲン)へと変質してしまうことでおこります。

こうした金属アレルギーが歯科治療で起こった場合は、歯科金属アレルギーと呼ばれ、歯の詰め物や、かぶせ物(クラウン)、インプラントに使われた金属などが原因になっている場合があります。このような場合は原因となるものを取り除くことで症状が改善されます。最近では、最初から金属を使わないメタルフリー治療をうたう歯科クリニックも増えてきました。

金属アレルギーの原因になりやすい金属

金属アレルギーを起こす原因になりやすい金属を順番に並べると次の通り。

  1. ニッケル
  2. コバルト
  3. スズ
  4. パラジウム
  5. クロム
  6. プラチナ
  7. 亜鉛
  8. チタン

歯科用金属として歯科医院で頻繁に使われている金属に、パラジウム合金という聞きなれない金属がありますが、これは、いわゆる銀歯のことで、銀を主成分(50~60%)とした金とパラジウムの合金です。健康保険が適用されることから利用者も多い金属です。

歯科治療では最適な材料で治療することが理想ですが、歯の状態や治療方針も関係します。また、使用する金属によって治療費も大きく変わりますが、保険の範囲内で治療が可能かどうかなどは、保険適用の条件もあるので、カウンセリングの際に相談するとよいでしょう。