メタルフリーで体に優しい 金属アレルギーが不安な方のための インプラント治療ナビ » インプラント治療をする前に知っておきたいこと » インプラントメーカー

インプラントメーカー

歯科治療に使われるインプラントを製造するメーカーは、世界中に数百社あるといわれています。世界中にある多くのメーカーの中でも長期の臨床実勢を持つ、信頼できるメーカーを製品とともにご紹介しています。

信頼できる主なインプラントメーカーを紹介!

ブローネマルク(ノーベルバイオケア社)

ノーベルバイオケア社は、スイスのクローテンを拠点とするインプラントのメーカー。インプラントを用いた歯科修復の世界的リーダーで最も長い臨床実績があります。

社名にもなっているペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の骨結合に関する画期的な研究から60年以上にわたりインプラントサイエンスのパイオニアとして、業界の先進的な標準となった多数のインプラント製品を展開しています。

ブローネマルク博士は、骨とチタンが実際に付着しているという事実を発見し、1965年にチタンインプラントを患者さんに埋入しました。

ストローマン・インプラント(ITI)

ストローマン社は、スイスのバーゼルに本拠を置き、世界70カ国以上で事業を展開する世界最大の歯科インプラントメーカーです。

1954年創業し、半世紀以上もインプラント業界でシェアを伸ばし続けています。そもため、世界で500万人以上の患者さんに1000万本以上のストローマン・インプラントが埋入され、現在では年間100万人もの患者さんが使用しているといわれています。

長持ちするインプラントとして信頼があり、日本でもストローマン社のインプラントしか使わないという歯医者さんもいるそうです。

アストラ・インプラント(アストラテック社)

アストラテック社は、スウェーデンを本拠とするインプラントメーカーです。世界中で古くから使われ、高い実績をあげていましたが、日本で認可がおり、使用が開始されたのは1996年からです。

最新のアストラ・インプラントは、骨との結合が非常に早く、強い構造になっているため治療期間が短く、インプラント埋入から、7週間で治療が終了するそうです。

歯科クリニックがどのインプラントを扱っているのかも要チェック!

インプラントといっても、世界では100種類以上、日本国内でもその数、30種類以上あるいわれています。種類が多い分、価格もインプラント治療の実績もさまざまです。治療実績の少ない為に、価格が安いインプラントもあります。

歯科クリニックによっては、治療の料金を抑えるために、そのような治療実績があまりないものや、安い素材のインプラントを使用していることも…。もちろんすべてが粗悪なインプラントとは言い切れませんが、耐久性が低いインプラントが存在するのも事実です。あまりにも価格が安い場合は、歯科医師にどこのインプラントを使用しているのか、確認してみることをおすすめします。

どのインプラントにもそれぞれの特徴があり、品質や特性はさまざまでインプラントの選択は容易ではありません。治療を行うにあたり、歯科医さんが、どのメーカーの、どのインプラントを選ぶかによって治療の結果が左右されてしまうこともあると考えられます。

一方、治療実績が多いインプラントは世界的に多くの歯科クリニックで使われています。世界的にシェアされているインプラントであれば、耐久性・審美面でも問題がなく、高品質で信頼できるものと考えられます。安心して治療を受けるためには、代表的なインプラントメーカーを取り扱う歯医者さんを探すことも重要です。

TSシステムインプラント(オステム社)

韓国国内市場においてシェア1位を誇るインプラントメーカーで、開発費を抑えているため比較的安いインプラントを作っています。品質の高さと安全性を保障するCEマークやclass-IIIを通過しており、その技術力は世界的に認められています。また、2013年に世界シェア5位になったことから、アジアを代表するインプラントメーカーとしても有名です。オステム社のインプラントはアジア人に合うように作られているので、日本国内でもよく使われています。海外製のインプラントは高いものも多い中、韓国製のオステム社のインプラントは価格を抑えたい人向けだといえるでしょう。

BIOMET 3iインプラント(ジンマーバイオメット社)

ジンマーバイオメット社はアメリカの会社ですが、確かな技術力と品質の高さで世界38カ国に販売拠点がある有名なインプラントメーカーです。臨床成功率がとても高いことでも広く知られており、1000人を対象とした臨床研究では5年間の成功率が97.2%を誇っています。不良骨においては98.6%の成功率となっており、骨が不良な部位における治癒実績を持つインプラントして世界各国で重宝されています。ジンマーバイオメット社が作るインプラントは、表面性状「オッセオタイト」についての特許を取得しており、周囲炎になりにくいと評判は上々です。

Zirkolithインプラント(Zシステムズ社)

Zシステムズ社は、スイスにあるインプラントメーカーです。4万症例の実績を持つZシステムズ社は、その知識を用いてジルコニアのインプラント作っています。Zシステムズ社のジルコニアインプラントは、その性能の高さから世界で唯一のアメリカFDAヨーロッパCE双方の許認可を取得しています。全てがジルコニアセラミックで作られたフルジルコニアのインプラントは、金属を使用していないので安心です。金属アレルギー反応が心配される人や審美性の高いインプラントを探している人は、Zシステムズ社のインプラントが合っているでしょう。

POIEXシステム(京セラ社)

京セラ社のインプラントは、国内の中でもっとも歴史があります。豊富な知識や経験を持つインプラントメーカーして、国内で京セラ社のインプラントを扱う歯科医院は数多く存在しています。海外メーカーのものよりも安価であり、骨と結合しやすいのが京セラ社のインプラントの利点です。また、国内のメーカーなので、日本人の顎骨に合わせた作りとなっていて、調和が取れやすくなっているのも大きな特徴だといえます。インプラントは2種類ラインナップがあり、チタン製のものとチタン+HAコーティングが施されたもので、骨の状態により使いわけされています。