メタルフリーで体に優しい 金属アレルギーが不安な方のための インプラント治療ナビ » インプラントと金属アレルギーの関係

インプラントと金属アレルギーの関係

アクセサリーなどの金属に触れたり、食べ物に含まれる金属元素を摂取したりすることでアレルギー症状が現れる金属アレルギーですが、最近では歯科治療によるものが原因であるケースが増加しています。

歯科治療で使われる金属の歯の詰め物やかぶせものによる金属アレルギーは、お口の中で唾液や食べ物が電解質として作用しイオン化して溶出した金属が原因です。

金属アレルギーの自覚がないという方でも、全身に様々な不快な症状、皮膚炎などがある様なら、もしかすると金属アレルギーになっているのかもしれません。

また、不幸にして既にアレルギーになってしまった場合は、原因となる物質を除去し、金属アレルギーを起こさない物質と交換することが何よりも効果的で有効な手段です。

最近ではこうした歯科治療の観点から、金属を一切使用しないメタルフリー歯科治療の必要性が提唱されインプラント材料に関しても非金属のインプラント素材が求められてきているのです。

アレルギーを心配される方や、これから新たにインプラント治療をされる方で、どのような材料を選択したらいいか、お悩みの人に、金属アレルギーでもインプラントが可能か、詳しく解説しています。

インプラントでアレルギー症状が起こる理由

金属アレルギーの原因について知りたい人のために、インプラントでアレルギー症状が起こる理由を解説しています。

インプラントの金属アレルギーの症状とは?

インプラントの金属アレルギー症状について知りたい人に、よくある具体的なアレルギー症状を取り上げて解説しています。

金属アレルギーの検査方法

金属アレルギーの検査について知りたい人に、費用や検査の方法、どんなところで検査を受けられるのかなどを、ご紹介しています。金属アレルギーを心配される方は、1度しっかりとした検査をすることをおすすめします。

金属アレルギーの人でも安心な素材とは?

チタンや金属以外のインプラントについて知りたい人に、金属アレルギーの人でも安心な素材とはどんなものなのか解説しています。金属アレルギーになってしまった人でも、交換することで金属アレルギーが解消する素材ジルコニアについても、ご紹介しています。