メタルフリーで体に優しい 金属アレルギーが不安な方のための インプラント治療ナビ » ジルコニアインプラントを徹底解説! » ジルコニアとチタン製のインプラントとの違い

ジルコニアとチタン製のインプラントとの違い

現在、歯科治療で多く使われているチタン製のインプラントと、金属を使わない最新のジルコニア製インプラントの違いについて、わかりやすく解説していきます。

1:金属アレルギーリスクの違い

チタン製のインプラントは、金属の中ではアレルギーを起こしにくい金属です。しかし金属である以上アレルギーを起こす可能性もわずかながらあります。

一方、金属ではないジルコニア製インプラントであれば、金属アレルギーの心配は、まったくありません。

2:見た目、審美性の違い

チタン製インプラントは、金属が溶け出して歯ぐきが黒ずんでしまうことがありますが、ジルコニア製インプラントは、溶け出さないので歯ぐきが黒ずむ心配も無く安心です。

3:インプラント治療にかかる費用の違い

残念ながら費用面では、チタン製インプラントに比べジルコニア製インプラントのほうが高額になります。その安全性や機能性から価格が高いのが一般的です。

メタルフリー治療と金属アレルギー

歯科治療で使用される金属には色々な種類がありますが、こうした金属からイオンが口腔内に溶け出し、体調不良や金属アレルギーを引き起こすことが注目されるようになってきました。

私たち現代人は大気汚染や食物から摂取する添加物などに蝕まれ、免疫機能が著しく低下し、過剰反応が生じているのかもしれませんが、このような金属アレルギー発症の経緯から、金属を一切使用しないメタルフリー治療を行う歯医者が増えてきています。

現在、歯科治療で多く使われているチタンは、人体に対して親和性が高く、金属アレルギーの少ない金属で、医療分野でも、埋め込み型の心臓ペースメーカーや人工関節などで使われているように、体内に埋め込めるほど安心な金属です。

しかし、極めて少ないとはいえ、どんな金属であっても体質的に金属アレルギーを発症させてしまうという方もいます。

金属アレルギーをお持ちの方や体内に金属を埋めるのが不安な方は、ジルコニアインプラントを考えてみてはいかがでしょうか。

インプラント指導医がいる歯科クリニックを紹介

インプラント治療において、熟練した歯科医師に任せたいと思うのは当然のこと。そこで、当サイトでは、インプラントの指導医がいる東京でジルコニアインプラント治療を取扱っているクリニックを調べて紹介しています。