メタルフリーで体に優しい 金属アレルギーが不安な方のための インプラント治療ナビ » ジルコニアインプラントを徹底解説! » 医療控除について

医療控除について

高額な費用がかかるジルコニアインプラント。保険適用は認められるのでしょうか?ここでは、気になる医療控除や、その計算方法、申請方法についてご紹介します。

ジルコニアインプラントは医療控除の対象

ジルコニアインプラントは保険診療ではない分、100%自費診療になり、その費用も高額ですが、治療でかかった費用は医療費控除の対象になります。

つまりジルコニアのインプラント治療をするにあたり、かかった検査費用やインプラント・被せもの、通院のための交通費や薬代までインプラント治療にかかった費用をしっかりと税務署に申告すれば、支払った金額の一部が戻ってきます。

分割やローンでも医療控除の対象になる

ジルコニアインプラントの治療費用を分割払い、ローンやカード払いにしている場合でも医療費控除の対象になります。但し金利や手数料は控除の対象外です。

治療費の支払いにローンを組んだ場合は、ジルコニアインプラントの治療にかかった費用全額が、その年の医療費控除の対象になります。治療費の支払いを分割払いにした場合は、その年に支払った額だけが、その年の医療費控除の対象になります。

医療控除の仕組みをおさらい

医療費控除は、1年間(1月1日~12月31日)に10万円以上(年収によっては10万円以下)の医療費を支払った場合、所得に応じて所得税が減額され支払った医療費の一部が還付される制度で、最高200万円までが控除の対象となります。

また所得税だけでなく翌年の住民税も軽減されます。医療費控除の対象となる医療費には次のようなものがあります。

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)

還付を受けるための申請には、領収証の原本が必要(コピー不可)になりますので、申告期間内は紛失しないように保存しておきましょう。治療の一部は対象外となることがあります。

医療控除の計算方法を解説!

計算式

医療費控除額=(1年間の医療費の合計-保険金などで補てんされた金額)-10万円(総所得額200万円未満の場合は総所得金額×5%)

所得が多いほど所得税率が高くなるので、高額所得者ほど還付金は多くなります。詳しいことや、不明な点は、国税庁のWebサイトや最寄りの税務署で確認してください。

医療控除の申請方法

申請に必要なものは、以下になります。

  1. 確定申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  2. 領収書(コピーは不可)
  3. 印鑑
  4. 銀行等の通帳(還付金の振込先)

※確定(還付)申告書は税務署においてあります。

申告期間は翌年の2月16日~3月15日の間です。会社にお勤めの方の還付は1月以降になります。なお、控除額や還付金額は所得額や家族構成によっても異なります。不明な点は、国税庁のWebサイトを参考にしたり、最寄りの税務署で相談し期間内に申請しましょう。

ジルコニアインプラントの治療に保険は効く?

残念ながらジルコニアインプラントの費用は、メンテナンス代も含め健康保険の対象外です。

ただし、発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正や事故や障害など顎骨の形成不全のような限られたケースの場合は適用となります。